30歳はこうなる。しゃぶしゃぶ食って吐いた話。

いろんなの

今年、私は30歳になったわけなんだけども、特に変わったことなんかないなーって思っていたわけですよ。けどね、あったんだですよね。それに気づいた一昨日。

タイトル通りの話を具体的に書いていくだけの記事だから、お時間ある方は楽しんでくださいませー

元同僚と久々に食事に行ったわけです。豚と牛のしゃぶしゃぶ食べ放題!

 に、肉だあああああー!!!! 

最近は、玄米。味噌汁。漬物。とかいうクソ質素な暮らしをしている自分は大盛り上がり♪

元同僚はもう食に対する欲が強いんですよね。(私もそもそもそうだが。笑)

肉がくるや否や、私がもうすぐ引越しする話してたのに、

一旦、肉食っていいですか?話はその後にしましょう。

ってまず、肉からスタートする食事会。確かに、肉が気になって皆話に身が入らない。笑

ちょっと脱線するけど、私の同僚たちの食い意地はちょっとふつうとは違う気がします。っていうのも、私の前の職場ではお土産は3〜4種類っていうのが基本でした。

別に、強制されているとかいうわけではなくてみんな食べるのが大好きなんですね。必然的に旅行に行くと、これもみんなで食べたいとかこれおすすめだから食べて欲しいとかって量が増えるんですよ。

その代わりに、高いものよりも安くて量があるものが圧倒的に多い。白い恋人1箱よりもご当地じゃがりこ3袋と白い恋人1箱。みたいな感じで買ってました。みんなでどれが、どう美味いかを議論するのも楽しかったんですよね〜。

そしたら、私が辞めた後に入ってきた人が、沖縄旅行のお土産にちんすこう1箱だったってことに対してかなり文句を言っていたので、めっちゃ笑いました。笑

それはその人が一般的なのであって、私たちのお土産欲が強いんだよ、ってなりました。今ではその人も、1種類じゃなくて何種類か買ってきてくれるそう(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎元同僚たちよ、流石だわ。

話は戻るんですけど、そんな感じでバクバク食べて注文してたらどうなるでしょうか?

そう、いきなり満腹が襲ってくるわけです。

「もうムリぃ〜」って元同僚たちが言ってて、

 自分はまだいけるなあー。お腹いっぱいだけど、食べよ〜💕 

って食べて、締めのちゃんぽんまで食べた10分後。いきなり

トイレ行きたい。

スッとトイレに行きました。そしたらもうそこから動けなくなったんですね。

人生で初めてこんなに腹が痛くなった、、、。いつもなら、便が2回出れば治るんです。でも今回は違う。待てど暮らせど、腹痛は増すばかり( ;∀;)

今すぐこの腹を切り開いて、胃のなかに入っている全てのものを摘出する手術をお願いします。

と言いたいくらいに、しんどくて、便器から立ち上がってドアを開けようとしては、また座って苦しんで、いけると思ってまた立ち上がって、やっぱり座ってを繰り返してました。

元同僚も「大丈夫ですかー?」って言ってくれたけど、「もう少しだけ時間を頂戴_:(´ཀ`」 ∠):」って言って待ってもらってました。

そしたらその10分後くらいに店員さんも声をかけてくれました。ほんまごめんなさいって思いで「大丈夫です。もう少ししたら出ます。」とか言いながら、

 全然出たくねえ!もう無理。吐くしかねえ 

覚悟を決めました。えいって指突っ込んで、初めて自分で吐きました。今までそんなことしたことなかったし、酔っても自然に吐くまでは放置してたからさ。

30歳になってできるようになったこと。

指突っ込んで吐く。

それでやっと楽になったから、今しかないってトイレを出たら、店員さん2人が待っててくれました。閉店時間だったっぽい。ほんまにすみません、、、( ;∀;)

2人は外で待っててくれて、帰ったけどまた駅でトイレに駆け込み、

自宅の駅でもトイレに駆け込み、

家に帰ったら、湯たんぽ作って即行寝ました。

いやああー。30歳ってこんななんの?怖すぎる。美味しいものは、ちょうどいい量で食べよう。足るを知る。いい言葉だわ。皆様もお気をつけあれ。

以上、しゃぶしゃぶ食って吐いた30の冬の話でした。

 あでゅ。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました