玄米食べるのやめました。その1

びゅーてぃー

健康に良いと話題の玄米。昨年の12月に初めてファスティングをして、それからズーーーーっと食べ続けていました。

でも、辞めました。

そんなお話をしたいと思います。

そもそも玄米ってなに?健康に良いって聞いたけど何がどう違うの?って方。私もざっくりしか知らなかったのでこれを機に色々確認していきたいと思います。

玄米とは?

一般的に食べられている白米はまっしろです。でも玄米って茶色いんですよね。

そもそも、玄米を食べるまで、人間が食べるものは白米だけだと思ってました。笑。

玄米が茶色いのは、精米の時に削られるぬか層がついている状態だからなんだそうです。そしてこのぬか層には様々な栄養素が含まれています。

ビタミンB1が白米の

ビタミンB1は糖質を燃焼してエネルギーに変える働きのあるものです。糖質好きな方やビールなどのアルコールを多く摂られる方には多めに摂ってもらいたいものなんですって。

マグネシウムが白米の5倍

丈夫な骨を作ったり、血圧の調節や精神的な安定に関わるもので、不足するとイライラしたり筋力が落ちたりするみたいです。

他にもビタミンEとか葉酸とかミネラルとか、言い始めたらキリがないくらい白米よりは栄養素がいっぱいなんです。

私はアトピーなのでビタミンやミネラルは重要な栄養素です。

これこそ私が求めていた食材だ!

と思って昨年の12月からずーっと食べてました。でも、徐々に異変が起こってくるわけです、、、。

異変1 消化されてないうんこ

まず、玄米を食べ始めてから、うんこにしっかり消化されていない玄米が混じってるようになりました。最初の方はあまり気にしていなかったんです。

とうもろこし食べた後もそうゆうのなるよねー

でも、3ヶ月たってもまだその状況は変わらず。友達数人に相談して、みんなおんなじ様なこと起こったことがあると言っていたので、慣れかなーと思っていました。

消化されていないとはどうゆうことか、ここで考えればよかった、、、。

ドイツ人の友人によると、ドイツでは玄米は普通に食べることが多いようで、彼女の胃腸は慣れているからそういうことは起こらないそうです。

それを聞くと尚更、慣れだからこれは食べ続けるしかない!

って思ったんですね。

でも、栄養学を学んでいる友人からは、「一旦玄米をお休みするか分づき米とかにすれば?」って言われていました。

分づき米とは、三分づき五分づき七分づきとあるのですが、ぬかを除去する量を変えることができるんです。

三分だとぬかが30%除去されてますよー!みたいな感じです。

1ヶ月くらいは分付き米にしてみましたが何も変化がなかったので、

これならもう玄米でいいじゃん

と思ってすぐに玄米に戻しました。

異変2 皮膚が乾燥する

私は乾燥肌なのである程度は、毎年乾燥するんです。

スネに粉ふくとかね。

でも、去年は本当に酷かったんですよ。

12月終わりくらいから、なんか痒いなーって風呂上がりに思ってました。1月2月になるとそれは異常なほどになって全身粉ふいてました。風呂上がりに全身痒くなる

耐えられずに、これは全身のクリームで保湿するしかないと思ってお風呂から出て即、全身にクリームを塗りたくりました。でも、一重に塗るのでは足りず、2重、3重くらいに塗ってました。そうでないと、すぐ!すぐ!乾燥するんですよ!

乾燥肌ではあるけど、基本的には顔が乾燥することはあっても他の部分をクリームを塗るほど気にしたことはありませんでした。おかしいなーっとは思いながらも、まあ、そういうこともあるか。と思って保湿クリームで耐え凌いでおりました。

楽観的思考というのはこういう時に空回りします。

でも冬が終わって春になってもなかなか乾燥は良くなりません。やっと夏が来て治ったものの秋が近づいてくるとまたもやめちゃくちゃ痒くなります。そして、次の段階を迎えます。

長くなったのでまた明日に続きます(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

あでゅ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました