バンド活動ができるなんて。③

考える

やっと、、、やっとですよ最終章!

しゃあねぇ、読んでやるかー。って気持ちで是非ともよろしくお願いします( ´∀`)

第3の壁。演奏を指揮する!

そもそも、今まではどうもーっ。2人の演奏にお邪魔していますっていうスタイルだった自分。

それが今度の新しく練習する曲の時に言われた衝撃の提案。

「NAOOのタイミングで決めていいし、終わりも合わせるから自由にやっていいよ

おいおいおいおいおいおいおいおーい!

私はついこの前まで、言われた通りお手本通りにしか歌ってこなかった人間。そんなことできるんか?!ってなるわけです。

自由ってイメージや感覚がなければ、自由ほど難しいものってないんだって気づきました。

でも、その時の選曲がめちゃ好きで、もう楽しくなる予感しかなかったから

やるしかない!

(Feliz Navidadっていうスペイン語混じりの曲でクリスマスソングなんですが、結構聞くと知ってる!っていう人多いかも。)

GLEE - Feliz Navidad (Full Performance) (Official Music Video)
GLEE - Full Performance of Feliz Navidad.Sung by: Artie Abrams/Kevin McHale.From 4x10 (Glee, Actually).

同じ歌詞の繰り返しなので、何回で終わるかとか、語尾上げてみるとか、いろいろ自分で遊べる歌なんです。

音楽で遊んだことねええええええーーーーー!!って思ったけど、よくよく考えたらそういえば鼻歌とかで遊んだりするなー。曲聴きながら適当にハモったりアレンジしたりするなー!あのノリで行こう!!でもまだまだ自分には情報が足りない。

と言うことで、いろんな人が歌っているのを聞いて、こんな感じにしよーっていうのをなんとなーく頭の中でこねてみました。

でも実際練習すると、優柔不断な私が出てきて

あ!ちょっと終わるの早かった?!
も、、、もう1回おんなじフレーズやってみようか、、な?

優柔不断な私だから、2人もどうすればいいのか迷ってしまって、ボロボロな仕上がりに( ;∀;)

「手を上げてくれたり、何か合図がほしいな

って言われるけど、なんか自信が持てずに合図もあやふや。

合図、、、どう出せばいいの?今?今出す?
合図、、あー!ここどうしよー!

メンバー絶対不安だったよね。すまん。

やばいかも。。。。

そう思っていたけど、メンバーから「信じてるから、大丈夫

って言ってもらいました。もうやるしかない。(ありがとうよ、、メンバー、、、)

そして迎えた本番。

以下、私の心の中。

もう、これでもかっていうくらいしっかり2人に合図を出そう。2人共ばっちり合わせてくれるやん!よし!次はどういってみよう?こうなら、面白いかも。いくよ?3回いくよ?いい!めちゃ合わせてくれるやんか!!あと、何回繰り返そう?まだあと1回いこうか。よし、これでラスト決める!きた!ナイス演奏だああああ!

うまくいったああああーーーー!
最高に楽しかったです!!!!

でもその分、他の曲の歌詞とかボロボロに間違えたんだけど。(また。笑)

お客さんにも楽しかったと言っていただけて、本当に嬉しかったです。この日がバンド活動の最後の演奏になりました。最高の最後を迎えられました。

メンバーも「今日ってもしかしてすごく良い日なんじゃない」って言ってて、確かに私たちにとっても良い日だし、日本の歴的にも「一粒万倍日」という、小さな物事が大きなことになるという素敵な日だったんですよねえ。すごい1日だったなあ。

この曲がやりたいさえも言えなかった自分が、

これを演奏してほしいって言うようになって、

置物のように動かなかった自分が、楽しく動きながら歌うようになって、

邪魔になるかもと避けていたアドリブも入れるようになって、

演奏の中で2人に合図を出せるようになりました。

バンドを始めた時の自分からは考えられなかったと思います。

その節目節目で、メンバーの2人が私にこうしてみたら?とか、こうやったらよくなるかも!とか、NAOOの好きなタイミングでやってもらって全然いいよ!えいぃ!って気持ちでアドリブ入れると「めっちゃいいじゃん!」って言ってもらえて、それがどれだけ嬉しかったか。

2人の私への優しさはめちゃちゃ勇気励み喜びになりました。

人生において出会う人ってめちゃくちゃ大切だっていうけど、本当にそうだなって思いました。最高のタイミングで最高の人に出会えたのだと改めて思います。2人と出会わなければ、2人とバンドを組めなかったらこんなに音楽を楽しむこともできなかったと思います。私は本当にツイてます!!2人もそう思っていてくれてたら嬉しいな。

3回にわたる長編読んでくださったそこのあなた!お付き合い頂いてありがとうございました!!

それでは

あでゅ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました